StylishNoob 氏の検証報告書

02月11日に行われました、StylishNoob 氏の検証報告書を公開いたします。
※問題動画(Kharg Island)と、オフ検証録画の高画質版をアップ予定ですが、エンコード作業が間に合っておらず後日アップロードになります。悪しからずご了承ください。
※追記02/21:アップしました。

オフ検証録画

問題動画

StylishNoob氏オフライン検証報告書

1. 検証方法

  1. 自宅PC基本チェック
    • インストールされているアプリケーション調査
    • 過去にインストールされていたものを調査
      ※おそらくWindows Installerのみ確認可能
      イベントビューア→アプリケーションとサービスログ→Microsoft→Windows→Application-Experience→Program-Inventory

    • System Exploreによりタスク、プロセス、サービス、自動実行など各種調査
      ※そのままSystem Exploreは常駐させプロセスのログを取る
    • Microsoft Network Monitor3.4によりネットワークで送受信しているソフトを調査
      ※そのままMicrosoft Network Monitor3.4は常駐させログを取る
    • tempファイル内ダウンロード履歴調査
    • ブラウザ閲覧履歴調査
    • マウスの設定、キーボードの設定確認
    • BF3内での設定確認
    • 実際にPCでBF3を操作しておかしいところがないか確認
  2. 本人が、自宅PCにてプレイする(録画及び配信を行う)
    • ゲーム画面、手元画面配信
  3. 本人が、スタッフ持込PCにてプレイする(録画及び配信を行う)
    • ゲーム画面、手元画面配信
  4. 自宅PCについて、各種ログチェックを行う
    • System Exploreにより、ゲーム中のログファイル確認
    • Microsoft Network Monitor3.4により、ゲーム中のログファイル確認
  5. プレイ内容についての比較検討

2. 判定方法

自宅PCの基本チェック、及び各種ログチェックにて、チートツール使用と思しき痕跡が無いかどうかを判定する。

自宅PC及び、スタッフ持込PCにて、StylishNoob氏にプレイしてもらい、問題動画と同じパフォーマンスが出せるかどうかをチェックする。
パフォーマンスの判定については以下の項目を使用し、それぞれにおいて動画と同じ事が出来ているかを判定する。

  • エイム
  • リコイルコントロール
  • 索敵
  • 立ち回り

3. 準備機材

  • SylishNoob氏自宅PCおよび、使用デバイス
  • 録画及び配信PC一式(WEBカム x 2含む。花山準備)
  • スタッフ持込PC一式(花山準備)
  • System Explore(ログチェック用ソフトウエア)
  • Microsoft Network Monitor3.4(ログチェック用ソフトウエア)
  • 自宅PC環境
  • OS: Windows7 Professional SP1 64bit
    CPU: Corei7 2700K
    メモリ: 8G
    HDD: M4-CT128M4SSD2
    VGA: NVIDIA GeForce GTX580
    サウンド: Creative SB X-Fi
    マウス: Logitech Optical Gaming Mouse G400
    キーボード: FILCO EXCELLIO Lite FKBE109/JP
    ヘッドセット: ROCCAT KAVE
    モニタ: BenQ XL2410T (120Hz)

  • 持込PC環境
  • OS: Windows7 Professional SP1 64bit
    CPU: Corei7 2600K
    メモリ: 8G
    HDD: ADATA AS510S3-120GM-C
    VGA: NVIDIA GeForce GTX560Ti
    サウンド: オンボード

  • 留意点
    • 原因不明のトラブルで、高画質録画に音声が記録されていない。また、ティアリングが発生している。
    • スタッフ持込PCからの音声にノイズ混入。
    • 配信録画は一部カクツキあり。

4. 検証結果

  1. 自宅PC基本チェック
    • インストールされているアプリケーション調査
    • 問題のあるアプリケーションなし

    • 過去にインストールされていたものを調査
    • 12月のPC購入より問題のありそうなアプリケーションのインストール、アンインストールなし。また、システムログ、アプリケーションログにも疑わしいところはなし。
      ※プライバシーに関わる内容の為、ログ非公開

    • System Exploreによりタスク、プロセス、サービス、自動実行など各種調査
    • 問題のありそうなタスク、プロセス、サービス、自動実行なし。
      それぞれファイル名偽装も考え、ファイルの場所まで確認。
      ※プライバシーに関わる内容の為、ログ非公開

    • Microsoft Network Monitor3.4によりネットワークで送受信しているソフトを調査
    • 問題のありそうな通信記録なし
      ※プライバシーに関わる内容の為、ログ非公開

    • tempフォルダ内ダウンロード等一時ファイル履歴調査
    • 問題のありそうなファイルなし
      ※プライバシーに関わる内容の為、内容非公開

    • ブラウザ閲覧履歴調査
    • IEは未使用であり、Google Chromeのみ使用。
      【注意】閲覧履歴2/11からの履歴しか残っていない。従って、内容については確認出来なかった。
      (本人曰く、プライバシーに関わる内容で、見られるのが恥ずかしいから消したとのこと)
      隠蔽と疑われる行為であり、本人にも厳重注意を行う。
      PC環境の維持については、スタッフより事前連絡を徹底出来ていなかった面もあり、今回の反省点とする。
      クッキーは問題のあるサイトなし。

    • マウスの設定、キーボードの設定確認
    • 問題ありそうな設定なし。

    • BF3内での設定確認
    • 問題ありそうな設定なし。









    • 実際にPCでBF3を操作しておかしいところがないか確認
    • 立会人がそれぞれ操作して問題ない事を確認。

  2. 本人が、自宅PCにてプレイする(録画及び配信を行う)
  3. プレイ中のチート使用は認められない。

  4. 本人が、スタッフ持込PCにてプレイする(録画及び配信を行う)
  5. プレイ中のチート使用は認められない。

  6. 自宅PCについて、各種ログチェックを行う
    • System Exploreにより、ゲーム中のログファイル確認
    • 問題となるログなし。

    • Microsoft Network Monitor3.4により、ゲーム中のログファイル確認
    • 問題となるログなし。

  7. プレイ内容についての比較検討
    • エイム
    • 問題動画と同等のパフォーマンスが出ている事を確認。
      Aimbot使用の可能性を否定。

    • リコイルコントロール
    • 問題動画と同等のパフォーマンスが出ている事を確認。
      No spreadやAnti recoil使用の可能性を否定。

    • 索敵
    • 問題動画(特に Kharg Island の物)のような神がかったシーンは少なかったが、基本的には同じ傾向があると判断。具体的には視界の情報、ミニマップスポット、3Dスポット、更には音やエフェクトをかなりの速度と精度で把握し、敵(味方)の存在を感知している様に見受けられる。
      敵味方関係なく反応し、エイムを合わせる癖が見て取れる点も動画と同じである。
      ただし、問題動画には説明できない点もあり、依然としてWall hackの存在が疑われたが、その点については問題動画の検証を参照されたし。

    • 立ち回り
    • キャンプが少なく、常にアグレッシブに行動する、問題動画と同じ傾向が見られる。
      従ってツールアシスト(Wall hack や Radar hack)に裏付けられた物で無いと判断。

5. 問題動画の検証

ここでは特に問題と思われる Kharg Island について、主だった微妙なシーンについてチートと仮定した上で検証を行った。Caspian Border でのプレイは、オフ検証時のプレイと比べて卓越したパフォーマンスは見られない為、検証を省略した。

尚、動画は検証用に画面の中心にクロスヘアを入れている。

ここで言及するフレーム数は30fps動画上で計測した物で、実際のゲーム上とは異なる。

  • 全体
  • Aimbot や No spread, Anti recoil の常用が疑われたがオフライン検証によって否定された。
    但し 07 に説明できない点が有る事に留意)

    オフライン検証の結果判明した、人間離れしたエイムの能力と、ミニマップで敵の具体的位置を把握し、音やエフェクトにも敏感に反応出来る能力を持ったプレイヤーであると言う前提で見ていく。

    エイムの速度としては、StylishNoob_StaffPC_01.mp4 で見られるのが、キャラクタ表示から12フレーム以内(約0.4秒)という結果が出ている。

  • StylishNoob_Kharg_Island_07.mp4
  • 手榴弾を投擲した後、壁の向こうの戦車(または戦車近辺にいた歩兵)にカーソルが吸い付いた後、はずれて直角にエイムが曲がる、不自然な挙動が確認できる。この事から Aimbot の存在が疑われた。
    本人に確認したところ、始めて指摘された事で、意識していなかったとの事であった(従って説明できない)。

    また、その直後壁裏にいた、スポットされていない敵をM26 DARTでキルするシーンにおいて、存在が見えていない段階から武器を持ち替えている不自然さからツールアシストの存在が疑われたが、敵が画面内に表示されてから発砲まで17フレーム(約0.57秒)で、本人の持つ能力なら可能であると推測される。
    持ち替えについては、本人からは意識していなかったとの説明で、本人なりの状況判断(予想される偶発の接近戦に備えた)と解釈も出来る。

  • StylishNoob_Kharg_Island_22.mp4
  • 一人目を倒した後、ミニマップに映っていない、視認しづらい敵を90度ターンから躊躇無くエイムしてキル。この事から Aimbot の存在が疑われた。
    問題動画の画質だと視認しづらいが、敵影は見えており、ズーム開始から照準が合うまで14フレーム(約0.47秒)であり、氏の能力で十分対応可能と考えられる。

  • StylishNoob_Kharg_Island_24.mp4
  • ミニマップに映っていない敵を壁越しにエイムしている不自然な動作。
    この事から Wall hack の存在が疑われた。
    本人に確認したところ、そこに至る一連の流れでミニマップを見ていると、その位置に敵影が表示されており、敵の位置は把握していたとの事であり、実際にミニマップに表示されていることを確認。壁越しにエイムしている不自然さは拭えないものの、索敵そのものについては本人の能力で可能な範囲であると考えられる。

  • StylishNoob_Kharg_Island_30.mp4
  • ミニマップに映っていない敵を壁越しにエイムしている不自然な動作。
    この事から Wall hack の存在が疑われた。
    本人に確認したところ、ポストエフェクトで色が無くて見にくいがその直前に敵が画面に映っており、それを攻撃しようと準備したものであるとの説明。壁に隠れる前に反応している様子も見受けられる。

  • StylishNoob_Kharg_Island_36.mp4
  • リスポーン直後、ミニマップに映っていない敵に対しての、180度ターンからの常識外れな速度でのエイム&キル。この事から Aimbot やRadar hack の存在が疑われた。また、180度ターン直後3フレームは、BF3の仕様で敵モデルが表示されておらず、4フレーム目にやっと描画される。そこからズームを開始するまで2フレーム(約0.07秒)足らずであり、常識的にはこの速度での反応は人間には不可能であると考えられる。この事から Aimbot 使用の可能性が強く示唆された。
    (この仕様については BF3_draw_delay.mp4 参照の事)

    本人に確認したところ、リスポーン直後、後方より攻撃を受けており、エフェクトとサプレッサーによる射撃音が確認出来るため、背後の敵の存在は感知可能である(更に反応は遅れ気味であるとの指摘)。ズームは振り向きざまに行い、それから索敵&エイム(射撃しながら)したとすれば、敵が表示されてからエイムが合うまでは14フレーム(約0.47秒)、ヒットマーク表示まで25フレーム(約0.83秒)である。
    180度ターンからの精密エイムは同じシーンがスタッフ持込PCプレイの中にも見られたので、本人の能力では可能である裏付けが取れたと言える。
    (StylishNoob_StaffPC_01.mp4 を参照。ただしこちらは味方に対してであるという差違はあるが)

  • StylishNoob_Kharg_Island_45.mp4
  • ハンドガンで屋内の敵を倒した後、壁の向こうにある敵の死体をエイム。(Wall hackに映る敵の死体を見間違えた?事が疑われた)
    匍匐して手榴弾を投げた際に、ミニマップ上で建物の角に二つの敵影が映る。片方を倒したので、もう片方を警戒したと解釈出来る。

  • StylishNoob_Kharg_Island_48.mp4
  • コンテナ角を曲がった先でズームするが、その先にはコンテナ。実際はそのさらに先に敵がいるため(ズーム開始時点でスポットなし)、Wall hack の存在が疑われた。
    本人によれば、左のスナイパー(この後コンテナ脇から飛び出てくる)にスポットが入っているため、誤って射撃準備動作を行ったとの事。
    そのように解釈は可能な為、決定的ではない。

  • 総評
  • 全体として、あやしい動作・挙動が随所に見られる動画であると言える。
    特に敵味方区別無く正確にエイムする癖のような物が確認出来、ハイセンシ特有のガクガクとした直線的な挙動も合わせて、Aimbot の動作との類似性を強く感じさせる。壁をエイムしているシーンでもその傾向が見られ、壁越しに敵を正確にエイムしていると解釈されてもおかしくはない。

    また、本人の索敵能力が、前後の状況を詳細に確認しないと分からないくらいに卓越している点も不自然さを出す原因の一つである。情報量の多いBF3のゲーム性も関連している事であるといえるが。
    更に、元動画の画質では識別しにくい情報に反応している箇所も多々ある。

    説明できない点が残ったが、本人の能力を考慮すると、殆どの指摘の根拠が揺らいでしまう。コンディションや運次第で出来ると言われれば、可能な範囲であると判断せざるを得ない。

6. 結論

BFJCとしては、StylishNoob氏はノンチートプレイヤーであると判断する。

7. 所感

まず本人のプレイスタイルは、チートツールによる挙動との類似性が強すぎて、この内容で報告され、詳細に検証がなされれば、かなり高い確率でBANを検討せざるを得ない状況になると考えられる。特に、本人と関わりの深い人や、オフラインでプレイを実際に見たという人以外は、有名クランメンバーをBANするかどうかという、難しい判断を迫られるものと推測される。もちろんそれを行った際の、あるいは行わなかった際のリスクに板挟みになる事が容易に想像出来る。

このレベルのプレイヤーが最初に動画をアップするのであれば、今回のように

  1. 立ち会い人を付ける(これは第三者が望ましいがクランメンバーでも一定の効果はあるだろう)
  2. 画面直取りや、手元映像を付ける。
  3. ブロックノイズのない高画質&高解像度でアップする。

といった事が必要ではないだろうか。

また、検証前に本人がブラウザの閲覧履歴を消してしまった点も問題であると考える。

逆にこの結果から、誤認というリスクを恐れるあまりチートを指摘できない風潮が生まれる事も好ましいとは言えない。氏のようなプレイヤーはそうそういないと考えられるものであり、依然として疑う必要のあるレベルである事は否定しない。

今回は大がかりな検証を行ったが、それでも尚検証困難な説明できない点や疑う余地のある部分が残る。最終的には、誰もが納得いく結論は出せないと感じる次第である。

今回、本人の能力自体は証明できた訳だから、残る疑問は今後、本人が配信やオフラインイベントで時間をかけて解消していって欲しいと願うばかりである。

以上。